Shonan-color train-blog

「Shonan-color train-blog」へようこそ。 JR東日本を中心に首都圏を走る私鉄各社も含め、撮影記や個人的に気になるニュースなどをお届けしています。

    「Shonan-color train-blog」へようこそ。
    JR東日本を中心に首都圏を走る私鉄各社も含め、撮影記や個人的に気になるニュースなどをお届けしています。

    カテゴリ: 東武鉄道

    rbESs1ObHvemRok1620814442_1620815022
    こんばんは。
    東武鉄道は12日、東武線特急列車100系(一部編成)と200系200型(一部編成)を対象として、リバイバル塗装に順次変更していくことを発表しました。
    ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    【リバイバル塗装変更の対象車は100系・200系200型の一部編成】
    「けごん」「きぬ」を中心に、JR線直通特急「スペーシア日光」「スペーシアきぬがわ」など臨時列車でも活躍している100系、「りょうもう」を中心に活躍する200系200型が対象となります。
    ~第1段目~
    100系→102編成(雅),105編成(雅),107編成(雅),108編成(粋),109編成(粋)
    ※リニューアル塗装に変更後は順次営業運転(2021年度は2編成施工計画、2021年6月5日~)

    ~第2弾目以降~
    100系→101編成(粋)
    200系→205編成,209編成別途公表

    このリバイバル塗装変更によって、現在の(雅)(粋)の塗装は見納めとなる見込みです。
    なお、100系(103編成日光詣色),104編成(サニーオレンジ),106編成日光詣色))、250型(251編成)に関しては今回の発表ではリバイバル塗装変更の対象外となります。 

    塗装変更の他にも、リバイバルを記念して記念乗車券が発売されますので、こちらも楽しみですね。
    https://www.tobu.co.jp/cms-pdf/releases/20210512144048wz5OxAngM_7ZCzYAV46fdg.pdf
    ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    200系のリバイバル塗装として、種車の1700系・1720系「デラックスロマンスカー(Deluxe Romance Car 略称:DRC)を模した塗装、1800系を模した塗装などが考えられます。

    一般車の6050系や8000系8500型もリバイバルも行われている中で、特急用の車両についても"リバイバル塗装"の波がやってきました。
    東武500系リバティの増備も進められていく中で、このような施策が出てくるのは一ファンとしては嬉しいイベントとなりそうですね。
    DSCF2205 (2)
    特に、リバイバルの100系「スペーシア」塗装(上記写真参照)が見られるのが今から楽しみです。

    【関連記事】

    cd2ECaHIjAQ535b1619786421_1619786611
    東武鉄道は30日、2021年度の設備投資計画の概要を発表しました。
    設備投資計画プレスリリースより、東武500系 特急「リバティ」を今年度中に再び投入することを発表しました。
    ------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    【今年度は6編成増備】
    昨年11月9日からは、東武200系200型・250型で運行されてきた「特急りょうもう」の一部列車が、東武500系を使用した「リバティりょうもう」に置き換えられ、509F・510F・511Fの3編成が新たに投入されました。
    2021年度は3連×6編成を新たに増備することがプレスリリースで判明しました。

    ・導入編成は512F~517Fか
    2020年度までに製造されたのは、量産先行車含め11編成(501F~511F)でした。
    今回は6編成ですので、順番通りに製造されれば「512F・513F・514F・515F・516F・517F」となりそうです。
    通例ですと、3連×3編成ずつのペースで落成・甲種輸送となりそうですので、計2回の甲種輸送を撮影できそうですね。

    【東武200系200型・250型の置き換えも…?】
    東武500系の投入か因果関係は不明ですが、500系の投入で200型の201Fが昨年12月1日に廃車回送され、後に解体されました。
    以前記事内でもご紹介したと思いますが、東武200系200型の車両機器などの一部は1700系・1720系「DRC(デラックスロマンスカー)」の走行機器が採用されました。
    これらの機器類は製造からかなり年月が経っており、車体の老朽化も懸念材料となります。

    ・350型「きりふり」も気になるところ…

    置き換えの対象の候補として、200系列(200型・250型)の他にも300系(350型)「きりふり」も元々の種車が製造されてから、本年で51年・改造後運用を開始してから30年を迎えます。
    また300型(6連)については、2017年4月20日をもって定期運行からは引退していますが、350型(4連)については、2021/4/30現在も3編成が土休日の「きりふり」を中心に運用を続けています。
    こちらも500系リバティの増備によって置き換えられる可能性はゼロではないと推測されます。

    両数だけに200系列(200型・250型)の置き換えか、置き換えの対象が300系(350型)にも及ぶのか不明瞭な所がモヤモヤしますが今後の動向が気になる所です。



    ------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    総じて、今回は5000
    0系(2編成)にLCD設置工事や20000系のリニューアル(3編成)も進められるようで、特急・通勤列車の車両についても少しずつ置き換え・車両の世代交代が今年度も進みそうですね。

    東武設備投資計画より(https://www.tobu.co.jp/cms-pdf/releases/20210430103812i7wnspo8-VchSnuCxkz-CA.pdf

    【関連記事】

    ↓JR東日本 設備投資計画(一部)↓


    ↓相鉄 設備投資計画(一部)↓

    ↓こちらも是非↓

    kcWdAnxevwsBmrP1602412313_1602412714
    2020年度の移動等円滑化取組計画や設備投資計画で明らかになった東武500系増備車。
    増備車である509F・510F・511Fの追加投入の目的が不明瞭でしたが、近日になって明らかになってきました。 【東武200系「りょうもう」一部置き換えへ…リバティりょうもう新設】の続きを読む

    東武500系「特急Revaty(リバティ)」の508Fが落成・甲種輸送から早3年半。
    東武500系の今年度の増備車である509F・510F・511Fの3編成が落成・川崎重工を出場し、兵庫貨物ターミナル駅から熊谷貨物ターミナル(羽生駅)まで甲種輸送が行われています。

    lEAH3KtEMBsyDJm1601089791_1601089849
    今回のEF65 2070牽引で今回も、3編成揃っての甲種輸送でした。
    天候が悪い中でしたが、54列車にEF66 27が充当されたのと甲種が重なったの為なのか、沿線には多くの鉄道ファンの姿も伺えました。
    svKk5SGNCflHsRD1601089886_1601089920
    東武鉄道の経営計画(設備投資計画)から、今年度の東武500系Revatyの製造は今回で最終と思われます。
    ただ、噂の新型特急列車の増備の計画次第では多少の変更もあると思いますので、しっかりと今後の動きにも注目していきましょう。

    今回の甲種輸送で、秩父鉄道三ヶ尻線(貨物線)を経由する甲種輸送は見納めとなり、今後は三ヶ尻線の一部区間が廃止されます。
    色々"最終"づくしですが、マナーは最低限守って撮影していきたいところです。


    【関連記事】

    8jyLhTwEgvAjKrr1595484576_1595484690
    現在、3両×8編成の計24両まで製造されている東武500系リバティ。
    東武線の特急列車「リバティけごん・きぬ・りょうもう」をはじめ、野田線(現:東武アーバンパークライン)の「アーバンパークライナー」他、伊勢崎線(現:東武スカイツリーライン)で「スカイツリーライナー」「尾瀬夜行」「スノーバル」号まで運用の範囲を広げています。

    東武鉄道が発表した2020年度の移動等円滑化取組計画によると、2020年度にバリアフリーに対応した新型車両を5編成導入することを発表。導入が計画されている5編成のうち、70090型2編成導入済みと考えると残り3編成はどの車両か、話題となりました。

    そんな中、今月初旬あたりから川崎重工神戸工場で、リバティ用500系の車体が製造されていることが判明。
    前述の残り3編成の車両は、東武500系では?となります。
    仮に500系だとすると、東武300系350型の置き換え用としての追加投入かが問題となりますが、現段階ではまだ不明です。
    ただ350型が残り3編成ということを考えると、置き換える可能性がゼロとは言なさそうです。

    東武鉄道では、リバティとは別の新型観光車両を2021年以降に製造・導入することを「中期経営計画2017~2020」で明らかにしています。
    新型観光車両の名称は「てんかい」「ふたら」「ききょう」の3つの候補名が2019年9月に出願登録されています。
    その車両の概要次第で、今後の東武特急の観光列車の動向が見えてきそうですね。

    SLやDL・客車などを購入し、観光列車として鬼怒川エリアでは「SL大樹」を運行している東武。
    新しいことが判明し次第、随時記事でご紹介したいと思います。

    【関連記事】

    東武スカイツリーラインと東京メトロ日比谷線を結ぶ、有料座席指定「THライナー」。
    THライナーで使用される70090型の最終増備編成にあたる71796Fが近畿車輛を出場、甲種輸送が徳庵~熊谷貨物ターミナル間で行われています。
    X5rguZJaLjqsIWo1590315488_1590315522
    ltjzs0phnIOAAuo1590315571_1590315584
    今回の71796Fの増備で、製造は終了となります。
    6編成の製造とあってか短い期間での増備となりました。
    OdMqhtMKPjivbtz1590315625_1590315642
    70090型ならではの側面の帯の違い、そして特製のロゴ。
    いよいよ迫ってきた、6/16のダイヤ改正のデビュー。
    今後の活躍に期待したいと思います。

    (最終増備編成だったので他のところでも撮影しようと現地へ行きましたが、時間に間に合わず、目の前を通過してしまっていたことは秘密です。)

    このページのトップヘ