Shonan-color train-blog

「Shonan-color train-blog」へようこそ。 JR東日本を中心に首都圏を走る私鉄各社も含め、撮影記や個人的に気になるニュースなどをお届けしています。

    「Shonan-color train-blog」へようこそ。
    JR東日本を中心に首都圏を走る私鉄各社も含め、撮影記や個人的に気になるニュースなどをお届けしています。

    カテゴリ: 東急電鉄

    こんばんは。
    2018年3月28日から運行を開始した東急大井町線の新型車両「6020系」を溝の口のホーム端から撮影しました。
    qtQF6olOWQz8m381610796115_1610796173
    主に各駅停車で運用されている9000系と急行運用に就く6020系の並びです。
    現在の6020系には一部車両に有料座席Qシートが連結されていますが、撮影した当時はデビュー間もないときだったので、勿論Qシートは連結されていません。

    JR東日本のE235系シリーズの6020系。この時が営業運転開始後初の撮影でした。
    2c65eopLgB08lmV1610796205_1610796247
    溝の口駅入線シーンも撮影。
    田園都市線2020系と一緒に今日も大井町線を駆け抜けます…。

    ※2021/1/16現在でこのHMの掲出は終了しています。

    JVyhLqbtdsnOKw01604319910_1604320773
    こんばんは。
    2020年5月11日の運用をもって離脱し、その後東急テクノシステム内で留置されていた東急田園都市線8500系8606F。
    本日東急電鉄(公式)が番外編としてYouTubeに動画を投稿。8606Fの一部車両(
    8506号車+8606号車)を東急テクノシステムに譲渡し、今後はテクノシステムの研修施設・技術の伝承のための施設として余生が送られることとなりました。
    譲渡時点で、8500系唯一幕車であり、スカート装備なしの登場時のほぼ原型のまま運行されており鉄道ファンの間では人気があった車両の静態保存は大変喜ばしいことだと思います。

    今後は開催されるか否か不明ですが、電車祭りで見られる機会がありそうなので期待したいですね。
    今回はYouTubeで公式発表がありましたが、予想外のことで驚きました。

    HsI1mMAXyoSWT4B1595330205_1595330453
    JR北海道と東急電鉄(伊豆急行)がタッグを組み、伊豆急行線の「THE ROYAL EXPRESS」を使用し北海道を周遊するツアーに向けて準備が着々と進んでいます。
    今日の未明にかけて伊豆急行線伊豆高原から伊東まで別々に輸送され、伊東駅で連結して甲種輸送となりました。
    RhkypgIagRsz2Tb1595330066_1595330151
    今回の牽引はEF65-2127号機牽引で、電源車のマニ50、そして客車の2100系5両が輸送されています。
    皆様の目撃の情報を元に、いつもの場所へ。
    fu8d0cHtz6s6IRK1595333909_1595334051
    6ypGyGfKlYNzmdJ1595334086_1595334148
    マニ50もロイヤル・エクスプレス用に改造されていました。クリーム色が豪華な味を出しています。
    ロイヤル・エクスプレスを牽引する機関車(黄色)にも動きがあり、いよいよ本運転に向けて、プロジェクトが始動したことになります。

    本日、現在運用されている東急8500系の内、最古の編成となっていた8614F(伊豆色)が長津田→恩田まで廃車回送されました。
    東急線内で撮影したことがあったので8500系・2020系とともにご紹介したいと思います。

    まずは8614Fから。
    nhW9IUyjSgWb1Q41593434837_1593434862
    静岡県熱海駅~伊豆急下田駅を結ぶ、伊豆急行線8000系の塗装を模した編成で、幕車であり既に廃車回送された8606F以降、東急8500系最古編成として活躍していました。
    sYOiS4E9PLNCZiu1593434751_1593434800
    続いて通常塗装の8500系も。
    田園都市線内を疾走する姿・音がどこかレトロで懐かしく感じさせてくれます。
    2020系が進み、見る機会も減ってきています。
    CsZRN0LZolGvgIq1593434893_1593435048
    続いて2020系。
    車体はJR東日本の山手線E235系に準じた機器を搭載していて、東急で初のINTEROS導入など最新の技術が詰まっている車両です。
    顔も最初はインパクトがあるように感じましたが、6020系や3020系等の登場もあり、だいぶ慣れた感じがします。

    最新車両が導入されると既存の車両が置き換えられてしまう傾向が多いのは残念であります。
    これからも可能な限り、追い続けたいですね。


    こんばんは。

    【東急5000系(初代)が渋谷駅から秋田県の施設へ移設】
    「青ガエル」の名称で親しまれ続けている、元東急5000系(初代)ですが、渋谷駅ハチ公前広場から秋田県大館市にある施設へ移設されることが明らかになりました。

    どうやら、渋谷駅の駅大規模開発工事の中で、今後の活用について模索された結果、秋田県大館市のゆかりのある施設へ移設となったようです。

    【5050系「青ガエル」塗装も終了…?】
    そして、この初代5000系の塗装を復刻塗装としてラッピングされていた、東横線5050系5122Fが先週6日に元住吉から東急目黒線・大井町線・田園都市線・横浜高速鉄道こどもの国線経由で長津田車両工場へ回送されました。定期検査に伴う入場のための回送とみられます。
    e4a282d1.jpg
     (東急5050系5122F「青ガエル塗装」@多摩川)
    ラッピング塗装は一時期は期間限定でしたが、その後公式より、ラッピングの終了時期未定となり現在に至ります。今回の入場でラッピング塗装が終了するか否かは不明ですが、このまま存続してほしいところ。

    938e9io4maV4h2z1566904094_1566904557
    総合車両製作所(J-TREC)横浜で、東急東横線の5050系の車両と思われる構体が目撃されていましたが、本日その編成5178F8両と中間車3両が未明に出場し、逗子から新鶴見経由で八王子まで甲種輸送が行われました。


    <増備の経緯>(前記事と同じ)
    今から5年前の2014年2月14日、東急東横線元住吉駅構内で発生した衝突事故により5155F、Y516Fは大きく損傷しました。当該事故車両(5155F・Y516F)は廃車・解体され、2編成分が不足していました。

    そこで5155Fの代替車両として5177F新造(写真1)され、Y516Fの代替車両として5156FをY517Fに改造、 5156Fの代替として当面は4105Fを8連化して運用を行っていましたが、4105Fが10連化に戻されたために8両の1編成が現在不足している状態です。

    掲載ページ:http://tokaidoline231.livedoor.blog/archives/18748501.html


    WrAepja2h7TdQpJ1566904592_1566904612
    今回は神武寺駅での撮影のみで。
    中間車を含む11両で出場となった今回の甲種輸送。中間車3両は4111Fへ組み込むようですね。
    6Dh7C7goqYI35gF1566904703_1566904720
    東急5050系5178Fの顔面をアップで。
    スカートが増備用の5177Fと同じタイプでした。機器類まで細かくは確認できませんでしたが、もしかしたら5177Fを踏襲している可能性は高そうですね。

    それにしてもスカートがごついですね。

    増備は今回ので最終編成と思われますが、まだまだ読めない東横線の車両。
    新系列の導入も噂がありますが、まだまだ先となりそうです。

    このページのトップヘ