Shonan-color train-blog

「Shonan-color train-blog」へようこそ。 JR東日本を中心に首都圏を走る私鉄各社も含め、撮影記や個人的に気になるニュースなどをお届けしています。

    「Shonan-color train-blog」へようこそ。
    JR東日本を中心に首都圏を走る私鉄各社も含め、撮影記や個人的に気になるニュースなどをお届けしています。

    カテゴリ: 相模鉄道

    wOENPW96Tys46UK1622282976_1622283210
    こんばんは。
    相模鉄道(以下「相鉄」)では現在、相鉄デザインブランドアッププロジェクトとして、相鉄・JR直通線用の12000系・20000系など新製車両に「ヨコハマネイビーブルー」塗装が採用される他、既存車両(8000系・9000系・10000系)のリニューアル化が進められています。
    このうち10000系はリニューアル化に加え、走行機器類の更新がJR東日本の長野総合車両センターで施工されています。
    そして、走行機器類の機器更新並びに小規模のリニューアルを施工した10702×10(10702F)が本日5/29から運用に復帰しました。
    ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    th5d8CVoFjeGUTN1622282506_1622282743
    まずは、駅で撮影。✌頂きました(笑)。
    今回は、10701×10(10701F)の時とは異なり、ヨコハマネイビーブルーカラーに塗装変更されずに従来塗装のままで出場・運用復帰となりました。
    撮影した車種は10000系ですが、見た目は99% 11000系にしか見えません。パッと見ただけですぐに違いを判別するのは、鉄道愛好家の方以外の方たちでは難しいと思います。

    続いて沿線で撮影。
    wOENPW96Tys46UK1622282976_1622282986
    NOGrsHpfpPaUHNP1622282847_1622282956
    顔は11000系。しかしドアは10000系のものと違和感があります。
    LrTxIaVhQlOudFB1622282295_1622282405
    外観の変化として従来車との違いは、先頭・側面の行先表示器(運番・種別・行先)のフルカラー化、ヘッドライトの形状の変化、LED化でしょうか。

    【8000系・9000系・10000系のリニューアル化メニュー(5/29現在)】
    相鉄が公式で発表している資料を基に、リニューアル化のメニューをまとめてみました。
    dInUKoKZhSjycnJ1622285843_1622285901
    ※当ブログの管理者が独自に作成したものです。内容に誤った箇所がある場合はご指摘して頂けると幸いです。また、10000系はオールロングシートを採用しているため、[-]と表記しています。

    こうして比べてみると、車種によっても内容が異なっていますね。
    あくまでも個人的な意見ですが、リニューアル化の際に車内案内表示器をLCDディスプレイに搭載することで視認性の向上・統一もできて良いとは思います。
    今回途中で出場した10702×10(10702F)に関しても、今後10701×10(10701F)に準じたメニューになっていくのでしょうか?

    今年度2021年度の設備投資計画では、相鉄・東急直通線に新型車両「21000系」の新製が決まったものの、リニューアル化工事の対象とはならなかった、10702×10(10702F)。
    果たして今後も従来の塗装を維持していくのか、ヨコハマネイビーブルーカラー塗装に変更されるのか注視していきたいと思います。
    ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    【関連記事】


    ↑相鉄2021年度設備投資計画(一部)↑


    ↑10702×10(10702F)甲種輸送↑

    E4TSpVqniJpzmq51619605247_1619605520
    こんばんは。相鉄は28日、2021年度の設備投資計画を発表しました。
    今年度は鉄道部門・バス部門合わせて、165億円の設備投資計画が実施されます。
    ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    ●車両面(鉄道部門)
    【新形式「21000系」8連×4編成導入へ(2021年度)
    a
    (新型車両21000形エクステリアデザイン@プレスリリースから)
    今年度は、新型車両「21000系」8連×4編成の計32編成が導入される計画です。20000系と大差ないような感じがしますが、新形式の登場です。

    昨年度までには20000系の10連が6編成増備されましたが、その後2021年度以降は20000系の8連が登場する計画でした。
    また、同日中に発表された「2021年3月期決算説明資料」によると、「
    電車代替工事(東急目黒線相直車両新造)」という記述があることから、21000系は相鉄線・東急目黒線に直通する列車向けの車両と捉えることができそうです。
    つまり、仮に運転系統別に車両を分けた場合、
    相鉄線⇔「東急東横線」直通列車・・・20000系(10連)
    相鉄線⇔「東急目黒線」直通列車・・・21000系(8連)
    とまとめることができます。
    20000系は、相鉄デザインブランドアッププロジェクトの一環として、ヨコハマ・ネイビー・ブルー化へのリニューアル対象外となった、新7000系や8000系の一部編成、9000系の中で唯一対象外となった9701×10(9701F)を置き換えました。
    目黒線・東横線と信号設備が違いがありますので、実際の21000系が東横線も乗り入れなるかどうか実車情報を待ちたいと思います。
    東急目黒線では3020系が、目黒線と相互直通運転を行っている都営三田線などでは新型車両の6500形が登場する等、各地"新しい顔"が続々と登場しています。

    【10000系10702×10リニューアル継続中(2020~2021年度)
    プレスリリースには記載されていませんでしたが、2020年度下期1月から10702×10(10702F)のリニューアル化改造工事が現在も行われています。

    ●設備面(鉄道部門)
    【ホームドア 7駅設置】
    ホームドアが、西谷・希望ケ丘・鶴ケ峰・かしわ台・瀬谷・相模大塚・さがみ野 の7駅に設置されます。
    この他、相模鉄道本線(星川駅~天王町駅)連続立体交差事業として川駅・天王町駅の駅舎改良や車両留置線の整備が進められる他、線路の改良、海老名駅の建て替え事業などが竣工されます。

    車両面・設備面(鉄道部門)合わせて157億円の設備投資計画が実施されます。


    ●車両面(バス部門)
    【集合バス導入(2021年度)
    今年度中にドライバー異常時対応システム(EDSS)付きバス16両(うちハイブリッドバス8両)、コミュニティバス2両が導入されます。
    相鉄のコミュニティバスを利用したことが何度かありますが、コンパクトで駅から町中へ行く際はとても便利でした。

    バス部門については、約8億円の設備投資計画が実施されます。
    ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    相鉄発表プレスリリース(https://www.sotetsu.co.jp/pressrelease/train/r21-52/
    2021年度3月期決算資料(https://ssl4.eir-parts.net/doc/9003/tdnet/1958253/00.pdf



    【関連記事】


    ↓JR東日本設備投資計画(一部)↓

    ↓JR貨物 設備投資計画(一部)↓


    ↓JR東海設備投資計画(一部)↓


    こんばんは。
    相鉄20000系の導入で置き換えが進んでいる、新7000系。
    埼京線の渋谷駅ホーム移設の際に、JR線直通の特急大崎行き・各停大崎行きが運行された日に相模大塚駅で新7000系に遭遇していたので、その時の写真を投稿します。
    Y7m0rqcmAueYJe11603629639_1603629692
    【写真は新7000系7754×10(7754F)と12000系12102×10(12102F)。】
    先々週まで残り2編成となっていた新7000系ですが、先週に入って7751×10(7751F)に休車の札が運転台に掲げられていたのを先日かしわ台車両センターで見ました。
    運用に入っているのは写真に写っている7754×10(7754F)のみとなってしまったようです。

    20000系の増備が進められており、11月中には新7000系も相鉄から引退すると発表がありましたが、休車になってしまっています。
    休止状態の車両(ほぼ休車)からの運用復帰は稀にありますが、ほぼ復帰する可能性は低いとのことですので、このまま廃車・解体となってしまうのかが気がかりな所です。

    こんばんは。
    相模鉄道西谷駅で、相鉄7000系・10000系・12000系を撮影したのでご紹介したいと思います。
    vv3n2HLQiwfeCCs1601810925_1601810968
    来月11月中に引退が迫っている新7000系。
    残る2編成の走行する日が限られている中で、どれだけこの車両と出会えることができるのでしょうか。しっかりと追い続けたいと思います。
    YQbIBJ03CdOXA601601811566_1601811635
    いずれ機器更新&ヨコハマネイビーブルー塗装へ変更などリニューアルが予定されている、10702×10(10702F)。
    10000系の特徴のある前照灯ですが、11000系と同様の位置に移設されてしまうのが残念ですが、リニューアル後の姿も期待しています。
    56mtf6ZLD7nhZO11601810665_1601810699 (1)
    主に埼京線との直通線で活躍している120000系ですが、本線でもしっかりと活躍しています。
    相鉄&JR直通線が開業してからは直通線専用かと思いましたが、ダイヤ改正後も本線で活躍している姿が見られたことは個人的に嬉しいです。

    とても撮影・乗車していて楽しい路線ですので、また沿線へ行きたいと思います。

    vUfWCgZtXWOYUtH1602074389_1602074598
    こんばんは。
    今日は10月1日で2020年も残すところ3か月となりました。
    そんな中、相模鉄道から新7000系の今後の動向について発表がありました。 【【相模鉄道】新7000系、11月中に引退へ…さよならイベントも開催】の続きを読む

    相鉄線内で見かける12000系を、JR線内でも撮影したいな~と思ったことがあります。
    いつの日か山手線E231系を撮影した帰りに、湘南新宿ライン・埼京線・山手線が通る恵比寿駅に寄り、撮影したので今回ご紹介したいと思います。
    eRojrMYXPnHCTvM1600950212_1600950281
    相鉄・JR直通線が開業する前までは、JR東日本の駅で相鉄の車両を見られる日が来られるとは思っていませんでした。
    ヨコハマ・ネイビー・ブルーを纏う車両が輝かしく、都心を走る姿はとても見応えがあります。
    lEoCIhEFnMi7z001600950361_1600950537
    同じく相鉄線に直通している、E233系7000番台も。
    埼京線は、りんかい線・相鉄線にも直通しています。昨年度は増備車両も登場し話題が挙がりました。
     MMdEBnR9ZXXuFVv1600950310_1600950331
    最後にE233系3000番台も撮影。
    2015年3月のダイヤ改正に伴い、湘南新宿ラインの運用が解禁になりました。
    同時にE231系と共通運用となり、今では日常となっているE231系と異形式連結も見られます。
    最初は2編成のみの製造でしたが、211系置き換え用として増備が拡大しました。

    これにて撮影は終了。
    りんかい線の70-000形やE231系など撮影していない形式もあるので、また、たくさんの車種が走行している恵比寿駅に、訪れたいなと思っています。

    このページのトップヘ