こんにちは。本日はJR東日本・新型特急車両E261系「サフィール踊り子」についての記事を書きたいと思います。
R4BpM6V8k75UTTQ1574318505_1574318930
来年2020年春以降にJR東日本東海道線・伊豆急行線に導入が予定されている、新型特急車両E261系「サフィール踊り子」。今月11月6日~8日にかけて川崎重工・日立製作所各所で製造され、東大宮車両センターへ甲種輸送され、所属基地内にて構内試運転も行われていました。

本日2編成のうち、トップナンバー車のRS-1編成が、「東大宮操車場~大宮~(山手貨物線)~新宿~新鶴見信号場~(東海道貨物線)~根府川~(東海道貨物線)~(往路と同様)~大宮~東大宮操車場」初めて本線での試運転を開始しました。相模貨物駅付近で撮影してきたのでご紹介したいと思います。
image
(写真1:東海道貨物線内で試運転をしている、E261系「サフィール踊り子」。@平塚~相模貨物)
初めてお顔を見ましたが今までにはない、新たな顔が登場したと思います。
プレスリリースで見たよりかは少し色が濃い気はしますが、この車両を踏襲しているE257系2000番台と区別があります。この車両たちが今後の東海道線特急の顔として走っていくれる期待感が多々あります。

IMG_3602(2)
(写真2:噂のヌードルバー?@平塚~相模貨物)

窓枠が少し高い車両が"噂"のヌードルバーでしょうか。
image54
(写真3:東海道貨物線内で試運転をしている、E261系「サフィール踊り子」の後ろ顔も。@平塚~相模貨物)
テールランプの位置が想像していたよりも斜め上にありますが、シンプルで良いかもしれません。

プレミアムグリーン車の乗車も含めこれからの車両の動きにも期待感があります☆