Shonan-color train-blog

「Shonan-color train-blog」へようこそ。 JR東日本を中心に首都圏を走る私鉄各社も含め、撮影記や個人的に気になるニュースなどをお届けしています。

    「Shonan-color train-blog」へようこそ。
    JR東日本を中心に首都圏を走る私鉄各社も含め、撮影記や個人的に気になるニュースなどをお届けしています。

    CT7tEOsD10rtymC1619267918_1619268196
    2021年3月のダイヤ改正をもって定期運用を離脱した215系。横須賀線・総武線用のE217系と同様に疎開から廃車配給までの記録をまとめていきたいと思います。

    【当記事をご覧になるにあたって ~お願い~】
    ※1: 適宜、記事の内容を加筆・修正致します。

    ※2: 情報を確認・詮索するために、反映に時間が掛かる場合がございます

    ※3: 必ずしも疎開している編成が運用離脱している編成とは限りません。一時的な他センターへの留置の場合もございます。

    ※4: 車両運用に関するJR東日本本部・支部(関連含む)への問合せは、ご遠慮下さい
    (例:疎開回送される日・時刻・配給の有無等)

    5: この記事の内容のそのまま引用する・無断転載(画像含む)等は禁止事項です。

    ※6: 当記事による責任や損害等は負いかねます。
    その他、何か御用がございましたら当ブログを管理人のTwitterまたは記事内にあるコメントをしていただけると幸いです。
    ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    <疎開に関連する回送状況(廃車・配給含む) 2021年5月9日現在
    NL-3編成 (R3/3/15) 平塚(電留線)疎開、国府津→平塚間自走

    NL-3編成 (R3/3/20)  平塚(電留線)疎開返却、平塚→国府津間自走

    NL-2編成 (R3/3/20) 平塚(電留線)疎開、国府津→平塚間自走

    NL-2編成 (R3/3/25)  平塚(電留線)疎開返却、平塚→国府津間自走

    NL-2編成 (R3/3/30) 平塚(電留線)疎開、国府津→平塚間自走

    NL-2編成 (R3/4/4)  平塚(電留線)疎開返却、平塚→国府津間自走

    NL-1編成 (R3/4/4)   平塚(電留線)疎開、国府津→平塚間自走

    NL-3編成 (R3/4/5)   湯河原(電留線・下)疎開、国府津→湯河原間自走

    NL-4編成 (R3/4/7) 国府津車両センター内でEF64-1032と連結(現在は解結し、田端操車場へ返却)。(廃車配給輸送に向けた訓練?)

    NL-4編成 (R3/4/8) 国府津車両センター内でEF81-134と連結(現在は解結し、田端操車場へ返却)。(廃車配給輸送に向けた訓練?)

    NL-1編成 (R3/4/9)    平塚(電留線)疎開返却、平塚→国府津間自走

    NL-2編成 (R3/4/9)    平塚(電留線)疎開、国府津→平塚間自走

    NL-3編成 (R3/4/10)  湯河原(電留線・下)疎開返却、湯河原→熱海→国府津間自走

    NL-1編成 (R3/4/10)  湯河原(電留線・下)疎開、国府津→湯河原間自走

    NL-1編成 (R3/4/13)  湯河原(電留線・下)疎開返却、湯河原→熱海→国府津間自走

    NL-2編成 (R3/4/14)  平塚(電留線)疎開返却、平塚→小田原→国府津間自走

    NL-4編成 (R3/4/14)   平塚(電留線)疎開、国府津→平塚間自走

    NL-4編成 (R3/4/19)   平塚(電留線)疎開返却、平塚→国府津間自走

    NL-1編成 (R3/4/19)   平塚(電留線)疎開、国府津→平塚間自走

    NL-1編成 (R3/4/24)   平塚(電留線)疎開返却、平塚→国府津間自走

    21.NL-2編成 (R3/4/24)   平塚(電留線)疎開、国府津→平塚間自走

    22.NL-3編成 (R3/4/26)   湯河原(電留線・下)疎開、国府津→湯河原間自走

    23.NL-2編成 (R3/4/29)  平塚(電留線)疎開返却、平塚→国府津間自走

    24.NL-1編成 (R3/4/29~)   平塚(電留線)疎開、国府津→平塚間自走

    25.NL-3編成 (R3/5/1)       湯河原(電留線・下)疎開返却、湯河原→熱海→国府津間自走

    26.NL-4編成 (R3/5/1~)      湯河原(電留線・下)疎開、国府津→湯河原間自走

    27.NL-1編成 (R3/5/4)  平塚(電留線)疎開返却、平塚→国府津間自走

    28.NL-4編成 (R3/5/6)    湯河原(電留線・下)疎開返却、湯河原→熱海→国府津間自走

    29.NL-2編成 (R3/5/6~)    平塚(電留線)疎開、国府津→平塚間自走

    30.NL-2編成 (R3/5/9)  平塚(電留線)疎開返却、平塚→国府津間自走

    31.NL-1編成 (R3/5/9~)    平塚(電留線)疎開、国府津→平塚間自走


    【編成別の動き NL-1編成~NL-4編成】
    NL-1編成
    平塚疎開(R3/4/4~返却 R3/4/9)
    湯河原(電留線・下)疎開(R3/4/10~返却 R3/4/13)
    平塚疎開(R3/4/19~返却 4/24)
    平塚疎開(R3/4/29~返却 5/4)
    平塚疎開(R3/5/9~)

    NL-2編成
    平塚疎開(R3/3/20~返却 R3/3/25)
    平塚疎開(R3/3/30~返却 R3/4/4)
    平塚疎開(R3/4/9~返却 R3/4/14)
    平塚疎開(R3/4/24~返却 R3/4/29)
    平塚疎開(R3/5/6~返却 R3/5/9)

    NL-3編成
    平塚疎開(R3/3/15~返却 R3/3/20)
    湯河原(電留線・下)疎開(R3/4/5~返却 R3/4/10)
    湯河原(電留線・下)疎開(R3/4/26~返却 R3/5/1)

    NL-4編成
    国府津車両センター(R3/4/7) EF64 1032と連結
    国府津車両センター(R3/4/8) EF81 134と連結
    平塚疎開(R3/4/14~返却 R3/4/19)
    湯河原(電留線・下)疎開(R3/5/1~返却 R3/5/6)

    ※次回の更新は5/11頃に更新予定です。

    【表記方法について】
    「電留線・上」→上り方面電留線、「電留線・下」→下り方面電留線。
    黒文字」→車両編成番号(2021年3月時点)、「黒文字」・・・疎開先、返却先。
    ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    【関連記事】
    ↓横須賀線・総武線E217系の疎開関連の動きは下記から↓


    ↓E257系2000番台・2500番台の改造状況は下記から↓

    【【順次更新中】215系(二階建て車両) 疎開/配給輸送関連 回送状況まとめ】の続きを読む

    ZpVxOJWRpjFfNn71619268481_1619268497
    2020年12月21日から営業運転が開始した横須賀・総武快速線向けのE235系1000番台。
    E235系導入により、置き換わるE217系の疎開に関連する回送(廃車・配給含む)状況をまとめています。※ただし、検査(TK入出場に関する)の記録は除く。
    【当記事をご覧になるにあたって ~お願い~】
    ※1: 適宜、記事の内容を加筆・修正致します。

    ※2: 情報を確認・詮索するために、反映に時間が掛かる場合がございます

    ※3: 必ずしも疎開している編成が運用離脱している編成とは限りません。一時的な他センターへの留置の場合もございます。
    ※4: 車両運用に関するJR東日本本部・支部(関連含む)への問合せは、ご遠慮下さい
    (例:疎開回送される日・時刻・配給の有無等)※5: この記事の内容のそのまま引用する・無断転載(画像含む)等は禁止事項です。
    ※6: 当記事による責任や損害等は負いかねます。
    その他、何か御用がございましたら当ブログを管理人のTwitterまたは記事内にあるコメントをしていただけると幸いです。
    ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    〈疎開回送状況(留置場所別)5月9日現在〉
    過去に疎開された車両センターを元に、現在の疎開(留置)状況を場所別に表しています。

    ・幕張車両センター
    なし

    ・東京総合車両センター田町車両センター
    Y-10編成+Y-127編成(R3/3/4?~)

    ・逗子(電留線)
    なし

    ・横須賀(電留線)
    なし

    ・国府津車両センター
    33.Y-14編成+Y-121編成(R3/4/7~)

    ・湯河原(電留線)
    58.Y-9編成+Y-123編成(R3/5/9~)


    ※クラY-45編成が現在、東京総合車両センター本所(東京・大井町)に留置されていますが、確認(全車解体かどうか)がとれましたら反映致します。

    ※更新の遅れにより、実際と異なる場合がございます。最新の情報にご注意ください。



    【【順次更新中】横須賀線・総武線E217系の疎開/配給輸送関連 回送状況まとめ】の続きを読む

    【5/7(金)クラF-11編成 J-TREC新津を出場】
    本日、横須賀・総武快速線向けのE235系基本編成(11両編成)の第11編成目に当たるクラF-11編成が総合車両製作所(J-TREC)新津事業所を出場しました。全体としては21本目となります。
    同日中に新潟エリアで性能試運転が実施されていることが確認されています。

    また、今回出場したクラF-11編成ですが、11号車側の電気連結器が設置されていない他、排障器も0番台と同タイプのものが採用されました。

    こんばんは。
    本日日中に、長岡車両センター所属の電気機関車EF81形134号機が、田端(操車場)→国府津(国府津車両センター)間で単機回送されました。
    DxK28jzJ93sBkf31620294174_1620294316
    (EF81 134単機回送@東海道貨物線内で撮影)
    また先程、同機がE231系1000番台コツS-15編成と連結し、配給輸送のけん引機に充当していることが明らかになりました。
    機器更新等を行うために、過去に実績のある郡山総合車両センターや、E231系0番台ミツ車・E257系2000番台・2500番台・5500番台・E531系などの機器更新・改造実績のある、秋田総合車両センターまたは青森改造センターなどに輸送される見通しです。
    ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    【今年度は計24編成が機器更新等の対象の予定】
    コツS-13編成から始まった"後期車"の機器更新
    東海道本線・上野東京ライン・湘南新宿ライン・高崎線・宇都宮線等で運用を続けているE231系1000番台。昨年2020年11月に東京総合車両センターを出場した、コツS-13編成を皮切りに国府津車(E231系後期車)の機器更新等が行われています。

    ・2021年度は計24編成

    2021年2月9日に発表されたJTUS-E東京地本(労働組合)の資料によると、2021年度は計24編成が機器更新等の対象となっています。ただし、付属・基本編成各編成の竣工数については記載されていませんでした。
    (JTUS-E東京地本(労働組合)HP:https://www.jtsu-e-tokyo.org/collective-bargaining


    ・現状機器更新状況(2021/5/6投稿時点)
    swHRkfbw9VQJQ6K1620300372_1620300400
    付属編成が2編成、基本編成が3編成の計5編成が機器更新等が竣工済みです。
    今年度は既に2編成が出場、残る22編成は東京総合車両センターや各地の総合車両センターで、竣工される計画です。
    ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    【関連記事】





    こんばんは。
    本日の記事は、過去記事の撮影記から編集し直して投稿したいと思います。
    今から6、7年前の2014年10月25日撮影です。当時のカメラで撮影したため、画像が粗い箇所がございますがご了承ください。
    GY0SyinJHBorwu71620212959_1620213011
    秋の臨時列車として増発された、大船発「快速EL&SLみなかみ」。この日の牽引機はEF65 501でした。撮影から7年経ったいまでも現役機として活躍しています。
    近年は首都圏発12系・24系客車の臨時列車も激減(全滅?)してしまいましたね。
    oy9eIKyPFaGhPCA1620213027_1620213052
    一昔前のヘッドマークも記録していました。
    今は確か「ぐんまみなかみ」にヘッドマークデザインが変更されているはず…ですよね。
    W8LDJTZwgrhksjB1620213102_1620213115
    方向幕は「快速SLみなかみ 水上」でした。
    F9G46NN5BLjAC2X1620213141_1620213160
    後追いは、柱に車体が被ってしまいましたが…。
    京浜東北・根岸線のE233系と客車。なかなか普段顔を合わせない車両を写真に収める事ができたので良かったです。

    昨今の情勢が落ち着いてきたら、今後も面白い企画列車を運行していただきたいですね。

    mLQs89KsvPXj5mu1620044501_1620045111
    去年1月に、JR東海の国鉄型車両(主に211系・311系中心)の置き換え用として、導入が明らかになった新型通勤車両「315系」。
    今回は導入発表から変更された点、新たに明らかになってきた点をまとめていきたいと思います。

    ※一部箇所に誤りが御座いました。該当箇所は正しい車両に訂正させて頂きました。
    大変申し訳ありません。
    ------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    【変更点】
    ●車体デザインが一新!
    BotlwJUnk7xhjyb1609634919_1609635469 (1)
    2020年1月に公開された315系のエクステリアデザインですが、2021年に公開された最新のエクステリアデザインをみても一目瞭然に異なるデザインであることが見受けられます。
    デザインの主な変更点として挙げるとすれば、ヘッドライト&テールライトの形状の変更電気連結器と思われる機器の有無、JR東海のコーポレートカラーの色を配色としたデザインが追加されている点、車体が若干ですが(初期デザイン比べて全体的に)丸みを帯びた点でしょうか。

    JR東海に限らず、JR東日本や大手私鉄各線など新型車両を投入している路線も増えてきていますが、今回発表された315系のデザインは、全体的にコーポレート色で全体的な沿線の色を表現しつつ、ジオメタリック(幾何学的)デザインを表現されています。それでもなお、どこか従来の電車のような落ち着いた感じにとどまったようですね。

    また、
    • 車体デザインのコンセプト(「先進性×親近感」
    • 車体(非常走行用蓄電装置搭載、車椅子スペース、車内案内表示器設置車内防犯カメラ設置・車体は3ドア)といった基本仕様。
    • 8両編成・4両編成の車両をそれぞれ配備。
    などの3点については、今回変更されませんでした。

    【投入 スケジュール】
    2021年度~2025年度にかけて計352両を新製し、主に名古屋地区・静岡地区を中心中央本線、東海道線、関西本線等に投入が計画されています。
    画像3
    (全車両352両が日本車輌で製造)
    詳しい投入スケジュールですが、2021年1月29日に日本車輌から発表された数値、JR東海が3月に発表した設備投資計画をもとに図式化しています。

    ・静岡地区への315系導入は令和6年度(2024年度)以降投入か
    先日、JR東海の労働組合が発表した資料によると、静岡地区への315系投入が令和6年度(2024年度)以降となることが明らかとなりました。
    今年度は8両編成の車両が7編成導入されることが確定していますが、静岡エリアは少し経って
    からの導入となる見込みです。

    今後も動きがありましたら、この記事を含め内容を更新していきます。
    ------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    いずれにせよ、置き換え対象が211系・213系・311系となっていますので、名古屋エリアのほうから順々と置き換えの対象が広がっていきそうですね。実車の登場が待ち遠しいですね。


    【関連記事】


    このページのトップヘ