2019年10月18日

【まさかの塗装変更せず…】新踊り子用E257系2000番台NA-06編成、J-TREC横浜出場

おはようございます。
4
JR東日本の東海道本線の特急「踊り子」号に2020年春頃を目途に導入が予定されている、E257系2000番台。
6/10に尾久車両センターに疎開していたM-108編成が改造を行うために、総合車両製作所(J-TREC)横浜へ入場して、先日そのJ-TREC横浜を出場しました。

2
いつも通り、出場は神武寺駅で留置されているところを。
どうやら神武寺〜逗子は非電化区間のため新鶴見機関区のDE10-1662が牽引し、自走で逗子〜東大宮操で回送されたようです。床下機器・内装・ライトは改造されていますが、塗装は入場前と変わらず「武田菱塗装」での出場となりました。
3
1
外装だけは変更すると思いましたが、まさか入場前と塗装が変わらないとは予想もしていませんでした。
E257系シリーズの中にまた新たな形態が登場した今回、今後塗装は変更となりますが、果たして。

この塗装のまま試運転をやったら面白いですね。



tokaidoline231 at 07:03|PermalinkComments(0)撮影記 

2019年10月12日

【新情報】横須賀・総武快速線E235系グリーン車はJ-TREC横浜で製造、その他の車両は新津で製造へ

こんばんは。
33333
JR東日本横須賀線・総武快速線に2020年度に導入予定のE235系。
全車(グリーン車含む)を子会社の総合車両製作所(J-TREC)の新津工場で製造するか否かが不明でしたが、本日の当該工場のイベント内で同製作所の横浜にある工場でグリーン車が製造されることが明らかになりました。

つまり製造は、「①J-TREC横浜でグリーン車製造→②完成したグリーン車をJ-TREC新津工場へ輸送(※グリーン車以外の先頭車・中間車等は新津工場で製造)→③組み込み→④車両センターへ輸送」と仮定できそうです。(※あくまで仮定ですので必ずしもこのような工程で進むのかは不明です。)

山手線E235系も2019年度中にも製造が終了するとのことで、山手線向けの製造終了次第、横須賀線E235系の製造が始まりそうです。

以上でこの記事は終了となります。ご閲覧ありがとうございました。
次の記事をお楽しみください。coming soon....


tokaidoline231 at 21:26|PermalinkComments(0)JR東日本 | 日記

2019年10月09日

【2020年末から】JR東・常磐線各駅停車に自動列車運転装置(ATO)導入へ

おはようございます。
12
JR東日本株式会社(以下:JR東日本)は8日に、JR東日本では初の自動列車運転装置(ATO)を常磐線各駅停車(綾瀬~取手間)に2020年末に導入すると発表しました。

ATOは、列車衝突や速度超過を防ぐ保安装置である自動列車制御装置(ATC)が許容する速度以下で、列車の加速・減速、定位置停止制御などを行う装置とされており、今年1月には実証実験が山手線のE235系を使用して行われていました。

「サービス」「安全」「保守」「運行」「環境」などさまざまな側面からスマートトレインを実現することをめざしており、その一環でATOが導入されます。将来的には運転士・車掌のいないドライバレス運転(無人自動運転)を視野に

導入によって得られた知見を蓄積し、将来のドライバレス運転をめざしたATOの開発を進めるとしています。


常磐線と相互直通運転をしている、東京メトロ千代田線にもすでに自動列車装置ATOが設置されていて、つくばエクスプレスやゆりかもめ、横浜シーサイドラインでも自動運転化されています。

将来的にはホームドアがついた山手線にも導入することも視野に入れており、ますます自動化が進むこととなりそうですね。


以上でこの記事は終了となります。ご閲覧ありがとうございました。
次の記事をお楽しみください。coming soon....



tokaidoline231 at 07:15|PermalinkComments(0)JR東日本