2019年11月30日

【JR通勤車による初の”特急”】相鉄・JR直通線、遂に開業!埼京線との相互直通運転開始

cnV8XrrOLtDFuZR1575100514_1575100896
こんばんは。
今日は遂に開業となった相鉄・JR直通線についての撮影記をご紹介したいと思います。
撮影はすべて西谷駅で撮影しました。

image54
(写真1:「特急海老名」の表示を掲げるJR東日本埼京線E233系7000番台ハエ101編成)
今回の直通線の開業で、JR東日本の通勤車両で初の乗車券のみで乗車できる"特急"電車。
直通線に運用では、ほぼ相鉄線内は「特急」となりますが、この表示が見られるのは下り、しかも羽沢横浜国大駅~となりそうですね。運用番号も数字のみと、かなり違和感満載。
image53
(写真2:これから直通線に入ろうとする埼京線E233系)
下りとは逆で、直通線運用の上り電車では、12000系と同様に種別表示が「各停」「特急」は緑字に。
新宿行きが主に走っていますが、早朝時間帯には定期運用で「川越」「大宮」「武蔵浦和」「赤羽」の表示もみられるみたいで。
 
今回は撮影メインで行ったので、開業した部分は乗車していませんが、近いうちにまた乗車しにいきたいところですね。

個人的には今回の開業で平日の朝の通勤ラッシュ時間の混雑率が気になるのでまだまだ目が離せません。
"悲願の都内乗り入れ"となった相鉄。今後に期待したいところですね。


tokaidoline231 at 17:55|PermalinkComments(0)撮影記 | 撮影記

2019年11月28日

【新情報も】JR東「踊り子」用E257系2000番台・2500番台、2020年春に導入へ

febfec70
こんばんは。
今日JR東日本より特急踊り子号E257系2000番台について詳細の発表がありましたので、その車両について本日記事を書きたいと思います。
まずは発表記事から見ていきたいと思います。

【導入予定車両】
E257系2000番台(基本編成)9両編成×13編成、2500番台(付属編成)5両編成×4編成の計137編成。

【導入時期】
2020年春頃から一部列車に投入開始予定。   

【リニューアルポイント】
カーテン生地・床面張り替え・座席モケット交換の他に、1・9・10・14号車には荷物置き場を新設するようです。
グリーン車は4号車のみとなり、185系と比べて1両分減車されました。

以上が今回のプレスリリースで発表された情報です。
置き換え対象は185系・215系・251系各車両で、どうやら251系の置き換えはE257系2000番台・E261系が行うようですね。
新しく出た情報としては「内房線・外房線で特急わかしお等の運用しているE257系500番台の余剰編成うち4編成が付属編成として改造される可能性が高いこと」ですね。(こちらについては某鉄道雑誌にネタバレされていましたが。)

ただ現在、伊豆箱根鉄道駿豆線の修善寺まで直通運転をしている踊り子については記述がされていないのでこちらについてはまだ、確定次第、後日発表(ダイヤ改正の時同時発表?)となりそうです。


E257系2000番台の11月28日時点での改造(疎開)状況をまとめた記事です。ぜひこちらの記事も参考にしてください。→(http://tokaidoline231.livedoor.blog/archives/20912368.html


tokaidoline231 at 19:23|PermalinkComments(0)JR東日本 | 日記

2019年11月25日

【最新】JR東「踊り子」E257系2000番台の改造(疎開)状況まとめ

こんばんは。
本日は東海道線特急「踊り子」E257系2000番台の改造状況について(一部サイトを参考にして)、まとめをしたいと思います。情報は11月28日での情報ですのでご了承ください。加筆修正を加える場合もございます。


no title
【2000番台化の改造状況(2019/11/28現在)】

NA-03編成(内装一部未改造・外装塗装済み) ※秋田総合車両センターで改造

NA-04編成(内・外装ともに改造・塗装済み) ※長野総合車両センターで改造

NA-06編成(内装改造済み・外装未塗装) ※J-TREC(総合車両製作所)横浜で改造

※NA-07編成(内装・外装ともに改造中)       ※秋田総合車両センターで改造

NA-08編成(内・外装ともに改造塗装済み) ※秋田総合車両センターで改造


NA-09編成(内装一部未改造・外装一部未塗装) ※長野総合車両センターで改造

NA-10編成(内・外装ともに改造・塗装済み) ※長野総合車両センターで改造

※NA-13編成(内装・外装ともに改造中) ※長野総合車両センターで改造・来年1月に出場予定。

基本編成9両×13編成を導入、付属編成5両×4編成を導入予定。


※1:(小文字)は現在改造のため車両センターに入場している編成を表しています。

※2:NA-08編成については8月中に出場予定でしたが、改造し終え秋田総合車両センター側線で試運転を行った際にトラブルが生じ出場を急遽取りやめ、現在は秋田総合車両センター内にて留置されています。
(ただ最近動きがあったようで、近日中にも配給輸送が行う見込みがある模様です。)

→無事に26日に秋田総合車両センターを出場し、配給輸送が行われました。現在は東大宮車両センターに留置されています。(11月28日現在)


※3:NA-13編成の出場については、10月5日の長野総合車両センター一般公開で判明しています。


現在改造するために入場している編成はNA-07編成(秋田)・NA-13編成(長野)の2編成。

NA-04編成は幕張車両センター、NA-06・09編成は尾久車両センター、NA-10編成は国府津車両センターへ各地、疎開回送されています。それ以外の編成については東大宮車両センターにて留置されている模様です。


NA-03・10編成は、『東海道線(貨物線含む)~乗り入れ先の伊豆急行線』・『山手貨物線~中央・総武線一部区間~総武快速線』・『高崎線~上越線一部区間』など、各地路線で公式試運転・乗務員訓練も実施。


(2019-11-25 Monday)

2019-11-26 一部加筆・修正
2019-11-28 一部加筆・修正



tokaidoline231 at 20:13|PermalinkComments(0)JR東日本 | 日記